請求業務の効率化|アルツハイマーは治療で改善できる|現状打破しよう

アルツハイマーは治療で改善できる|現状打破しよう

2人のレディー

請求業務の効率化

積み木と杖

介護システム活用

介護事務の中に請求業務が現場にあります。国保連に請求をするのですが、お金の管理となるので経理業務は神経と時間を浪費します。もしミスした場合は、被害が事業所のみならずご利用者にも発生します。正確性が問われる業務のサポートに国保連中央介護伝送ソフトがあります。介護システムの一つで面倒な記帳を代わりに行ってくれるソフトです。国保連中央介護伝送ソフトを導入する事で、より正確な請求業務ができるようになり、手書きや紙ベースに比べ業務の効率化が図れます。確認や見直しもスムーズで、伝送するので提出先に赴くこともありません。時間・労力のロスを大幅に改善でき、正確な請求業務が実現できます。また、便利機能も多種内蔵されており、普段のお金の管理もでき普段の経理業務も大幅に効率化することができます。

選ぶ基準にもう一つ

国保連中央介護伝送ソフトは多種存在し、何が職場に合うのかわからなくなります。選ぶ際、多種の便利機能や操作性も重要ですが、サポート体制にも着目する必要があります。国保連への請求業務は簡略化し正確に行えると言っても操作は人間が行います。操作ミスによる不具合や、便利機能が備わりすぎて操作に迷う事もあります。大きなタイムロスになり宝の持ち腐れとなってしまいます。サポート体制が整っていると請求業務に詰まっても適正に対応支援してくれるので、安心して業務を遂行できます。また、国保連中央介護伝送ソフトを導入すると、目まぐるしく変わる介護保険の単位数や加算にも迅速に対応でき、今まで調べて把握していた事もすぐに管理できるようになり、情報収集にかけていた時間も節約できます。