アルツハイマーは治療で改善できる|現状打破しよう

ドクターとナース

誰にでも起こりうる認知症

介護

認知症

皆様、年を重ねて高齢者と呼ばれる年齢になると物忘れも出てくると思います。そのような中で認知症という言葉が気になってくるのではないでしょうか、認知症とは認知機能の障害によって社会生活などが困難になる病気を総称したものです。 認知症の種類は様々ですが、その症例の半分以上を占めるアルツハイマー型認知症を紹介します。アルツハイマーは、脳内で特殊なタンパク質異常が起こり、脳内のニューロン・シナプス(様々な情報を伝える脳内の電線みたいなもの)が脱落していきます。脳内の神経細胞がどんどん壊れ、脳が次第に萎縮していき、知能、身体全体の機能も衰えていきます。現在でも抜本的な治療法は見つかっていませんが、様々なアプローチによって進行を遅らせることはできます。次には進行を遅らせる方法をお伝えします。

認知症の進行を遅らせる

先ほどの説明のように現時点では、アルツハイマーは治療での完治は出来ないとされています。でもいろいろな薬が開発されていますので、早期発見、早期治療を始めた方がより症状の進行が緩やかになります。本人が自覚できればいいのですが、徐々に進行していくため、自ら診療に行くことは稀です。ですから周囲の人が「最近何かおかしい言動がある」と異変に気付いたら、受診を勧めてみましょう。認知症専門病院に行けるなら一番良いですが、ご本人が納得しなければ、神経内科や物忘れ外来などがあり、CTやMRIなどの検査が出来る病院に行ってみてください。アルツハイマーの治療にはリハビリや服薬によるものが一般的ですが、それだけではなく規則正しい健康的な生活を送ることでも進行を遅らせることが証明されています。

誰でも簡単に

男女

国保連伝送ソフトを使う場合、簡単操作で使用できるケアネットメッセンジャーが最適です。ケアネットメッセンジャーを導入する事で、煩わしい作業から解放されます。作業負担が軽くなるので、余った時間を他の業務に充てる事が出来ます。

Read More

年齢と共に移住しよう

二人の女性

高齢になったら高齢者住宅に住んでみるといいかもしれません。高齢者向けの様々な設備が整っているので、安心して暮らせます。もちろん、全面バリアフリーです。介護を必要とするような状態でも、手軽に住むことができます。

Read More

請求業務の効率化

積み木と杖

国保連中央介護伝送ソフトを導入するメリットはいくつもありますが、立派な機能は逆に邪魔になる事業所もあります。請求業務に必要な機能の他の便利機能はソフト毎に異なります。色んな会社を見比べ、本当に必要な機能を有している、合う介護システムを選ぶ事が、業務効率化の第一歩となります。

Read More